金属サイディングを既存の壁に貼る工事は、外壁のメンテナンスを何度もしなくても良いと言う利点もありますし、金属サイディングは軽量ですので、躯体に負担をかけません。
また、既存の外壁に銅縁を打って金属サイディングを貼るので、空気の層ができるので、遮熱、断熱効果もあって外観を長く綺麗に保てる効果もあります。
金属サイディングの特徴は、丈夫で長持ちです。
しん材として断熱材を充てんしているので、断熱性が抜群で、月々の冷暖房費の節約にもつながります。
軽くて安心なので建物にかかる地震力を低減してくれます。
また揺れに追従するので、損傷や脱落の心配もありません。
そして、見栄えが良いという特徴があり、デザイン性が向上します。
また、メンテナンスの手間や費用を低く抑えることができるのでトータルコストを抑えることができるので維持費の節約にもなり経済的です。
金属サイディングは表面材が銅板なので、外壁材が吸水することで凍結と融解を繰り返すことで基盤が劣化する現象「凍害」の心配がなく、寒冷地でも安心して貼り工事することができます。
よって、金属サイディング 貼り工事を行うことは、費用の面でも、耐久性やメンテナンスの面でもとてもメリットが高いと言えます。

関連記事